So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「白になる」

新聞連載詩Vol.155 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.2.17)掲載より


あの日の小窓・詩155.jpg

「白になる」VOL.155


朝方から溢れた
言葉の見えない
あなたからの手紙
無数の紙片が
こんなにも
細く千切られ
一文字すら
何個にも
分けられたのだから
わたしは
ただ手を広げて
受け止めるだけ
綴られた想いを
読むことができない
あなたからの手紙を
そうだ
その便箋を
繋ぎ合わせなくていい
手を広げて
わたしの鍵盤が
音を鳴らすのを聞けばいい
雪に姿を借りた
あなたの優しさは
その白の重さなのだ
新しい年が始まる
その清らかな風景を
あなたは届けに来たのだから
あたりはもう
あなたの思いの色で
いっぱいになった


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「新しき朝」

新聞連載詩Vol.154 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.2.10)掲載より

あの日の小窓・詩154.jpg


「新しき朝」VOL.154


立ったまま
枯れているのか
オオバコよ
遂げし姿に
弁慶を見る

夕映えに
柿の血脈
現れし
枯れてなどない
いのち輝き

迷いなき
松の示した
枝先は
見上げる空の
新しき朝

竹やぶの
雪を被りし
かの丘は
それ払おうと
いま動きたり



佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「花鳥風月」

新聞連載詩Vol.153 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.2.3)掲載より

あの日の小窓・詩153.jpg


「花鳥風月」


春告の
瓶に挿したる
蠟梅に
朝陽あたりて
明日を透き観る

わが鼓動
旅を重ねて
いまあると
満月のなか
渡り鳥浮く

笹の葉の
柔らかな声
青の歌
しばし和みて
おろす肩の荷

元日に
初日見ぬまま
過ぎしまま
返り見すれば
月の昇り来



佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「覚悟の花」

新聞連載詩Vol.152 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.1.27)掲載より

あの日の小窓・詩152.jpg


「覚悟の花」

身に受けし 
冷たき夜風
新月の
明くる朝咲く
庭の撫子

雪ちかし
寄せる虫さえ
なき朝に 
何故にいま咲く
二季咲きツツジ

重ねきた
季節を映す 
冬の菊
綴る花びら 
外から内に 

雪被る 
覚悟してまで 
咲かせおる
撫子今朝も 
矜持諭せり 


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「時空の軸」

新聞連載詩Vol.151 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.1.20)掲載より

あの日の小窓・詩151.jpg

「時空の軸」


葉を欠いた
時空の軸の 
枝に居る 
星座になった 
宙に柿の実

秋に咲く 
花と見紛(みまが)う 
柿の実よ 
昨日はひとつ 
今朝ふたつ落つ 

冬悟り 
着飾りし葉の 
削ぐ前に 
衣装黄に染む 
前夜の銀杏 

さわさわと 
ささやく銀杏 
窓越しに
黄金(くがね)滝ごと 
風もないのに




佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ひらひらと」

新聞連載詩Vol.150 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.1.13)掲載より

jpeg あの日の小窓・詩150.jpg


「ひらひらと」

袖振りし 
戯れ遊ぶ 
金魚草 
水草翠 
秋も過ぎ行く

結ばれた 
心を内に 
隠し持ち
冬を待ち受く
南天の夕

初雪の 
舞い飛ぶ庭に 
四季桜 
呼応する聲 
白を咲けよと

ひとひらの 
またひとひらの 
ひらひらと 
さざんかのはな 
あきのちにまう




佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「わがこゝろ」

新聞連載詩Vol.149 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2018.1.6)掲載より

jpeg.あの日の小窓・詩149.jpg


「わがこゝろ」

調色の 
板に置きたる 
赤と黄の 
絵の具ふくめて 
もみじ描く空 

紅葉に 
染まりゆく庵 
なにゆえに 
白バラ一輪 
届け置きしか

冬の野に 
陽は差し来ると 
咲かせてか
蒲公英一輪 
吾の心に

振り向けば
芳しき香の
その先に
枇杷の葉懐く
君を見つけた

佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「心のまなこ」

新聞連載詩Vol.148 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.12.30)掲載より

あの日の小窓・詩148.jpg


「心のまなこ」


秋空に 
織物の帯 結びたる 
冷夏耐え来た 
カンナの飾り

野の記章 
命育む 地に置いた 
祝賀の秋の 
ゆうがぎく白

放ちたる 
矜持の光 潔く 
このようであれ
玉簾咲き

白の菊 
空(くう)に溶けたる 真実を 
心の目(まなこ) 
開き観るごと 



佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「秋に咲け」


新聞連載詩Vol.147 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.12.23)掲載より


147 あの日の小窓 pdf.jpg

「秋に咲け」


絵の色を 
思いあぐねし あの頃に 
トレニアの花 
知っていればと

稲株の 
残る田に出て 遊ぶ秋 
幼き頃の 
アワダチソウ居り

畑縁(はたけぶち) 
色無き節は 寂しかろ 
白になる間の 
菊に彩り 

秋に咲く 
いとしき薔薇よ わが心 
冬に向かうも 
美(よ)しと思えて


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「あゆみきて」

新聞連載詩Vol.146 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.12.16)掲載より

16大崎タイムス.jpg


「あゆみきて」


振り向けば 
歩みきた跡 歳ごとに 
こうでありたい 
コムラサキの実

閃きの 
尽きぬ花咲く 野芥子あり
吾もありたや
今朝の目覚めに

夜のうちを 
巡り旅した その先に 
朝露の草 
清く咲きたり 

小さきを 
憂うことなし 
唯一の 香り起こせよ 
紫蘇の華一輪



佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -