So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「きみの面影」

新聞連載詩Vol.142 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.11.18)掲載より

18.jpg


「きみの面影」

夜空より 昼の野原に 溢れたる 
宇宙のかけら コスモスの空

濡れ衣 
昨夜のうちに 彷徨った 
待宵草に 宙の足跡

秋分の 彼岸の庭に 風一陣 
君の面影 秋明の菊

思い出を 咲かせて見せる 小菊あり 
その頬の波 紅潮の海


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「時の知らせ」

新聞連載詩Vol.141 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.11.11)掲載より

11.jpg


「時の知らせ」

修験者の 野に送らせた 文筒は 
畏敬の念の 忘ることなし

江戸よりの 祈り捧げた 山里に 
十字架を抱く 大待宵草

加美良(かみら)咲く 
奈良の時代の 絵のように 
ひかり集めて 古事記ひらけし

過ぎてゆく 時の流れを 知っていて
花魁草(おいらんそう)は 今を咲きてか


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「秋のあしおと」

新聞連載詩Vol.140 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.11.4)掲載より

4.jpg

「秋のあしおと」

子鹿駈け 
百合に残した 斑紋の
重なるごとに 秋は近づき

幼子の 握りしものを 開き見る
小さき黄球 秋の海棠

荒地でも 葉を抱き守る 花笠を 
いとしと思う 秋の始まり

カラス鳴き 
雲は季節を 抱いてくる 
風に預けよ 花梨の香り


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「その目覚めに」

新聞連載詩Vol.139 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.10.28)掲載より

28大崎タイムス.jpg

「その目覚めに」

季節は移ろうのだ。色彩が連続的に変化する
グラデーションのように。
その境を明確にせず、時は過ぎてゆく。
私の空も、あなたの中の樹木も。
暦を尋ねるのではない暦がある。
花や蝶が自ら覚醒する確信がそれだ。
その目覚めが故に、この光景があるのだ。
私に、私自身が待たなければならない、
人生の本当の暦を教えてくれているのだ。
他人がどうこうではない。
自分はどうなのかと己に訊き、
その声に合点が行く季節の進み方。
そのような暦を持たなければならない。
そして、その道の途中に残す彩りを、
一つでも多く、また一つ一つを大切に、
育んでいかなければならない。
そう教えてくれている。
キバナコスモスとアゲハチョウ。


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ドキュメンタリー映画」上映のお知らせ

お知らせです。

素晴らしい映画ができました。
ホームページはこちらです↓
http://daddylonglegs.jp/

(私まで紹介くださり恐縮です)
日本・世界での上演が待ち遠しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「窓に映る」

新聞連載詩Vol.138 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.10.21)掲載より

21.jpg

「窓に映る」

窓がある。硝子のない窓がある。
窓に模(かたど)られた風景がある。
風景の中に私がいる。
切り取りたい風景がある。
窓はない。ない窓を模る。
心の求めに導かれて。
ただ両指で菱形を作る。
そこに窓ができる。
正しいことと間違っていること。
心に従うことと自制すること。
自然と文化。貫くことと妥協すること。愛憎。
雨の止んだ朝に空を見る。
厳しさと優しさが、この窓に映る。
思い通りにはいかないものだ。
それでも愛おしむという心だけは捨ててはならない。
柔らかで、穏やかな陽射しを。
窓がある。私が私に拵(こしら)えた風景がある。
今朝の心が、ここにある。


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「鈴のね聞ゆ」

新聞連載詩Vol.137 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.10.14)掲載より

14 大崎タイムス.jpg

「鈴のね聞ゆ」

ハイビスカス 
夏の盛りの 
長雨に 
陽のいる場所は 
此処と歌いて

おろおろと 
晴れ間なき日は 
しずしずと 
足に零(こぼ)せし 
トリトマの鈴
 
サルスベリ 
夏の名残の 淡き絵よ
輪郭を問う われの心に


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「己の影」

新聞連載詩Vol.136 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.10.7)掲載より

7.jpg

「己の影」

曇天(どんてん)の 
空に放した 
白花に 
己の影の 
切り方を訊く

今日もまた 
昨日のような 
わたくしを 
夏水仙の 
慰めてしが

かえりみる 
こばのぎぼうし
われここに 
べつなわれには 
なれるわれなく


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「君が居ること」

新聞連載詩Vol.135 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.9.30)掲載より

30.jpg

「君が居ること」

三日後に 
逢う約束を 
交わした日 
鏡の私 
施し夕化粧


この胸に 
君が居ること 
思い知る 
咲きて見せたる 
撫子の華


染めし葉は 
紫草(むらさき)慕う 
貴女(あなた)ゆえ 
白の指先 
紫の舞


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「育まれる場所」

新聞連載詩Vol.134 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.9.23)掲載より

23大崎タイムス.jpg

「育まれる場所」

少女らの 
愉しき声に 
振り向けば 
人ひとりなし 
野に姫女菀

語り合い 
共に歩いた 
夏の日の 
たわいなきこと 
想うクリナム

道端の 
舗装の罅(ひび)に 
生まれても 
太陽を持つ 
絹笠の菊


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -