So-net無料ブログ作成
検索選択

「除夜にひとつ」

新聞連載詩・2016.12.31大崎タイムス掲載より

「除夜にひとつ」VOL.96

ひとつひとつ
梵鐘を撞く
やり過ごした感情に
塊になった固執に

ふたつ みっつ
私が持ち合わせた
むっつの根
眼耳鼻舌身意
それぞれの好悪平
その浄と染を
さらに前今来の三世へ
己の煩悩を撞く

ななつ やっつ
親指の腹で数珠玉を
空に押し出しながら
いまではない時間の
出来事に身を進める

じゅうに…
私の生きたこの一年
その歳月を思う
十二の月の
その二十四節気と
七十二候の葉を
拾い集める

しじゅうく…
あなたに起きた
四九の混迷と
私が背負った
八九の罪を
掛けて 足して

ひゃくななつ
歳があらたまる
もうひとつ撞くのだ
正しいように
生きようと願っても
なかなか思うように
いかないものだ
様々な事象があり
幾多の心模様が残る
時に漂流し氷結した

欲がゆえの悩み
それから派生する不満
そして猜疑と苦悩
このような悩みは
けっして正しくない

親指に温もりが戻り
脈動がゴンと鳴る
百八つ目の珠の音

いま清らかな白が
舞い降りて
新たな季節が
私の指先に届けられた




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

kobato

ひとつひとつの鐘の音、いろいろな思いがあることを改めて…
鐘の音を通し、心穏やかに新しい年を「素敵な一年になりますように!」

「風のお便り」あたたかなことばの数々
共感したり、いろいろな気づきをいただいたり、ありがとうございます。
よいお年をお迎えください。

by kobato (2016-12-31 19:08) 

みっちゃん

kobatoさん
今年もたくさんの温かなコメント、ありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎えください。
来年も、ご感想、お待ちしております。
by みっちゃん (2016-12-31 22:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0