So-net無料ブログ作成
検索選択

詩集「まばたきひとつ」刊行のお知らせ

ちっぽけな詩集 故郷から そっと ふたつめ

第二詩集チラシ表.jpg

 子供の頃は、何もないと思っていた故郷。都会への憧れもあった。いまはそうは思わない。
 50年の間、踏みしめた大地が教えてくれる。広い空が語りかけてくれる。鳥は歌い、野には花が咲き誇る。冬の寒さや無言の雪がある。寂しさや喜びや些細な発見、抱かれる希望、そして自分の至らなさを思い知らされる風がある。私は毎日、その中に身を置いていられるのだ。自然への畏敬を忘れないで生きていられる。そのような思考の土地で育った。それは幸いであった。
 だから言葉にしようと思う。自分でも何を書きたいのか、よく分からないのだが、確かに何かに触れて、生起した風景なのである。描きたい心の絵なのである。
 作曲と詩作が同時に起きる。それは曲作りにおいても、言葉が拠り所だからだ。言葉を手掛かりに、その風景に迷い込み、その先に音が流れているからだ。「言葉の先の風景」にこそ、本当の想いが「観える・聴こえる」と信じている。
 ですから、どうかお許しください。そのまま書き残すことを。どうかその風景をご覧くださいませんか。そう願ってやみません。(『まばたきひとつ』〜あとがき〜より)

http://3df.theshop.jp
http://www.wadaiko.info
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0