So-net無料ブログ作成

「蝶の行方や」

新聞連載詩Vol.118 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.6.3)掲載より

3大崎タイムス.jpg

「蝶の行方や」VOL.118

楚々として
庭の片隅に
咲いていた
あなたの名前を
わたしは知らない
わたしの名前も
あなたは知らない
こんなに近くに
居たのにね
出会いとは
そのようなもの
はじめまして こんにちは

憶えなき
太古に交わした
約束は
初蝶(ちょう)の行方や
出逢うこの華と



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感