So-net無料ブログ作成

「憶いはあれど」

新聞連載詩Vol.130 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.8.26)掲載より

26.jpg

「憶いはあれど」

彼方から
伝わる言葉
受け止めし
その葉脈の
先に咲く花

憶いあり 
憶いはあれど 
儘ならぬ
この地 根を張る 
草のようには

ひと夏の
華と知りてか
つぼみ抱き
われの丈越し
ひまわりの往く


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「あめのなかで」

新聞連載詩Vol.129 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.8.19)掲載より

19.jpg

「あめのなかで」

あめが
あがったら

なにを
しようか
かんがえていた

あめが
あがったら

あのこが
やってくるんだ

あめが
あがったら

あめのなかで
かんがえていた



佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ほほえむ」

新聞連載詩Vol.128 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.8.13)掲載より

13.jpg

「ほほえむ」

ほほえむ
という
きもちを

もしも
かたちに
したのなら

きっと
このもじに
なるだろう

このはなの
なまえを
きょうから
ほほえむと
よむことに
しよう


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「このようにして」

新聞連載詩Vol.127 挿話「あの日の小窓」
  少し前の 過ぎた時を 振り返る!
   (自身の白黒写真とともに)
    大崎タイムス(2017.8.5)掲載より

5大崎タイムス.jpg

「このようにして」

大切なことは 
きっとこのようなこと
このようにして 
命が継がれてゆく 結ばれてゆく
頼まれごとではなく行われること
モンシロチョウが 
胡瓜の花に触れた 
このときに世界が繋がる
地球の息吹
だれかが だれかのために 
働くという自然
行為は主張や発信ではない 
無為にして無意な営みなのだ
蝶の訪れは
とても とても
静かであった
私も だれかの
蝶であれるのだろうか


佐藤三昭のホームページです(様々紹介しています)↓
      https://sansho6.wixsite.com/mitsuaki

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感